シルクオーラ

Silk Aura® TAKUMI PREMIUMシルクオーラ®匠プレミアム

瀧谷一夫氏の集大成毛布

シルクオーラ®匠プレミアムは高級素材を使い、日本の職人の技術と熱い想いが生んだ、52年間の集大成ともいえる毛布。
回数は決めない、納得するまで起毛する、これが職人の気持ち。

1枚1枚時間をかけて作るから数は作れない、それでも良い、職人とお客様の心のつながりができる商品だから、こだわりをわかってもらえる人だけに使ってもらいたい。
会社は小さくてもよい、それでも世界一といえる商品を作りたい、この毛布には誇りを持っている、だから作り続けたい。

毛布職人瀧谷一夫

「起毛の匠 瀧谷一夫」毛布の起毛に携わって50年以上。有名メゾンでも採用される程の最高レベルの生地を生み出す匠。
同様の製造工程で生産した生地が、海外や国内の有名アパレルブランドでコートなどの生地として採用される、日本屈指の職人です。

上質なペニーシルクを厳選

シルクオーラ®匠プレミアムにはシルクの中でも極上の、丁寧に育てられた家蚕ペニーシルクを使用しています。
寝具にはあまり使われないB2ランクの原料を使用、毛布にとっては格別な原料です。
繊維が細く長いため、柔らかさと暖かさに優れた天然繊維ですが、非常にデリケートな繊維です。
従来の約半分の細さのため、空気のように軽く、繊細な柔らかさ、きめ細かな毛密度とふっくら感が生まれます。

ペニーシルク

職人の技術と忍耐力

シルクオーラ®匠プレミアムに使用しているペニーシルクは、非常に細く繊細な糸であるため、職人の技術と忍耐力で丁寧に織り上げなければなりません。
1台の織機で1日かかって織り上げられるのは、たった8mです。
これだけ手間暇かけても良い毛布を作り上げたい、職人の想いのなせる技です。

日本の職人

秘伝の洗いと染色の技

最高級シルクの美しさを引き立てるには、染色にも手は抜きません。
柔らかさとなめらかさを損なわず、さらに引き立てるため、企業秘密である「秘伝の洗い」を行います。
もちろん最終の柔軟仕上げまで手を抜かず、細部までこだわります。

秘伝の洗い

極限まで磨き上げる「マザータッチ起毛」

日本の起毛職人が40年以上かけて編み出した匠の技、それが「マザータッチ起毛」です。
回数は決めず、納得いくまで起毛する、最高の肌触りを生み出すには機械に頼っているだけではできません。

なぜなら季節によって、温度や湿度の違いによっても、仕上がりに違いが出てくるからです。
職人が自らの手を使って起毛し、自らの手と目で確認、何度も何度も繰り返す、この作業を繰り返すことでしか最高の毛布は生まれないのです。

製造工程

起毛職人の想い

シルクオーラ®匠プレミアムは、納得いくまでブラッシングするように、起毛を何度も何度も繰り返します。
その工程数はなんと約80工程から100工程、緻密で膨大な工程数を経て、まるで宝石を研磨するように極限まで磨くことで、この上ない柔らかさとなめらかさに仕上がります。
糸が細く、デリケートな生地はとても繊細、火を通して焼きを入れることで強度を増した、特別な起毛針を使い、ゆっくりと丁寧に何度も起毛する「マザータッチ起毛」によって、毛密度が圧倒的に高くなり、ペニーシルクの良さを最大限に引き出します。

マザータッチ起毛

細部にまで宿る縫製の技

繊細なやわらかさときめ細やかな毛密度、空気のような軽さを堪能できるよう、額縁縫製仕立てを採用、四方すべてのヘムを毛布と同じ生地を織り返すことで、どこを触ってもシルクの柔らかさが味わえます。
仕上げまで職人の丁寧で熟練された技術と、匠の想いが細部にまで宿る縫製の技は見事の一言です。

縫製の匠